Education Policy

令和2年度 筑前町教育施策要綱


■施策方針

今日の我が国は、生産年齢人口の減少、グローバル化の進展や絶え間ない技術革新等により、社会構造や雇用環境は大きく、また急速に変化しており、予測困難な時代に直面しています。私たちは、こうした変化に受け身で対処するのではなく、主体的に向き合って関わり合い、その過程を通して、自らの可能性を発揮し、よりよい社会と幸福な人生の創り手となる力を身に付けられるようにすることが肝要です。

また、国としては教育基本法において、教育の目的を「人格の完成を目指し、平和で民主的な国家及び社会の形成者」としての国民の育成を期することとし、この目的を実現するために「幅広い知識と教養を身に付け、真理を求める態度を養い、豊かな情操と道徳心を培うとともに、健やかな体を養うこと」など、5つの目標を掲げています。

この法律がめざす教育の目的や目標、急激な社会の変化を踏まえ、国は、学習指導要領を改訂し、新しい時代に必要となる資質・能力を「学びを人生や社会に生かそうとする『学びに向かう力・人間性等』の涵養」、「生きて働く『知識・技能』の習得」、「未知の状況にも対応できる『思考力・判断力・表現力等』の育成」としました。

筑前町教育委員会としては、これらの趣旨を踏まえた教育の実現に向け、平成27年12月に策定した筑前町教育支援大綱において「未来を担う子どもが主人公」を基本理念とし、「ちくぜんっ子は、地域で活躍するもよし、世界に羽ばたくもよし。そして教育は未来への架け橋である。」を子どもたちへのメッセージとして掲げ、特色ある教育の推進を図っていきます。

また、町民一人一人が生涯にわたり、いつでも・どこでも学び続け、積極的に自己実現を図ることのできる、薫り高い文化と地域の伝統が息づく活力ある郷土を築いていくことが重要です。

そのため、筑前町教育委員会は、福岡県教育委員会が示す教育の基本目標を基底にして、教育行政を総合的に推進します。 また、教育施策を具現化するため、重点的に取り組む事業を「学校教育推進R2」「社会教育推進R2」に掲げ、関係諸機関との連携のもと、広く町民の理解と協力を得ながら、取り組んでいきます。

令和2年度
筑前町教育施策要綱


施策方針

学校教育の施策

学校教育推進2020
 [PDF 3.6Mb]





社会教育の施策

社会教育推進2020
 [PDF 4.5Mb]


This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content