Special Needs Education


■特別支援教育の充実

□指標:指導主事を招聘した校内研修会の実施:各学校1回 [実施報告]

■関係機関と連携し、学校が組織的に児童生徒を支援します

学校が、保護者や関係機関と一体となって、組織的、計画的、効果的に児童生徒一人一人の自立と社会参加を支援します。
筑前町発達障害児等巡回相談事業を行います。
特別支援教育支援員を配置します。
一人一人の教育的ニーズ等に応じた、合理的配慮を提供します。


学 校


計画
・児童生徒の実態把握
・教育課程編成の基本方針
・個別の教育支援計画
・【乳幼児期〜学校卒業】

・個別の教育指導計画
・個別の基本時間割
・校内の支援体制づくり
・合理的配慮の明記

校内委員会
・実態把握、支援の役割分担
・教育課程、職員研修の検討
・個別の支援・指導計画検討
・連携方策の検討
・実施状況把握と対応策検討

特別支援教育コーディネーター
・校内委員会・校内研修会の企画運営
・関係機関との連絡調整
・保護者の相談窓口

評価・改善 実施
・個別の教育支援計画、指導計画に基づく指導の評価
・教育課程の評価
・成果、課題・改善策の共通理解br / > ・合理的配慮の柔軟な見通し

【指導法のユニバーサルデザイン】
・シンプル(無駄な情報の除去)、クリア(明確な説明・手順)、ビジュアル(視覚的支援)
・自尊心を育む場の設定



連携
連携
保護者
成長が気になるお子さんの入学に向けて、成長の記録をまとめるノートの活用を図ります。

関係機関
[ こども未来センター  医療機関  保健・福祉部局  特別支援学校 ]

筑前町教育委員会

通級指導教室(三輪小学校)の開設
町内小中学校に配置している特別支援学級
○三輪小学校
・知的障害児学級
・自閉症・情緒障害児学級
・肢体不自由障害児学級
○東小田小学校
・知的障害児学級
・自閉症・情緒障害児学級
・肢体不自由障害児学級
○中牟田小学校
・知的障害児学級
・自閉症・情緒障害児学級
○三並小学校
・知的障害児学級
・自閉症・情緒障害児学級
○三輪中学校
・知的障害児学級
・自閉症・情緒障害児学級
○夜須中学校
・知的障害児学級
・自閉症・情緒障害児学級
特別支援教育コーディネーターの配置
各小中学校には、特別支援教育コーディネーターが位置づけられています。特別支援教育コーディネーターは、保護者や関係機関に対する学校の窓口として、また、学校内の関係者や福祉、医療等の関係機関との連絡調整役としての役割を担っています。
特別支援教育支援員(町費)の配置
【役割】
・日常生活や学習支援
・教室間の移動等の支援
・健康・安全確保
・学校行事における支援
・周囲の児童生徒への理解促進
【配置人数】
○小学校 中牟田、東小田/各2名  三輪、三並/各1名
○中学校 三輪/1名  夜須/2名
【学習支援員】
○三輪小/2名





このページのトップへ

This content comes from a hidden element on this page.

The inline option preserves bound JavaScript events and changes, and it puts the content back where it came from when it is closed.

Click me, it will be preserved!

If you try to open a new ColorBox while it is already open, it will update itself with the new content.

Updating Content Example:
Click here to load new content